デパスの服用について

デパス(エチゾラム)は抗うつ剤となり、主に不安を和らげてくれる作用があります。
他にも、催眠作用、筋弛緩作用、抗痙攣作用などがあげられます。
手術前や手術後に、不安や緊張などを取り除いてくれる作用があるので処方される場合もあります。
副作用も少なく、一般的に万能薬とされてますので人気が高い医薬品となります。
ベンゾジアゼピン系の中でも抗不安作用に優れているので、抗不安として処方されることが多くなってます。
睡眠前の不安や緊張を取り除いてくれるとして、睡眠薬代わりに使用してる患者さんも多いです。
ただ、この薬ですが、依存性が高くなってまして、一度服用すると手放せなくなると言われてます。
私も服用したことがあるのですが、医者にあくまでも頓服薬として服用しなさいと念を押されたのを覚えてます。
確かに服用すると、今まで感じていた悩みなどが無くなり、活動的になります。寝る前に服用するとぐっすり朝まで眠れます。
逆に言いますと、この薬がないと寝れなくなったり、薬を飲んでなことが不安になり手放せなくなるパターンがあると言います。
医者ではあまり依存させないために、多くの量を処方してくれません。
そこで個人代行輸入などでジェネリック医薬品をネットで販売してますので、今まで服用したことがある人で抵抗のない方にはお勧めします。誰にも知られず、医者にもいかず手に入るので手軽ですね。
ただ、やはり手軽に手に入るからと言って大量に服用しないようにしましょう。
一番は服用しないことですので、どうしてもという時に服用することをお勧めします。
デパスであまり効果を感じない方には、パキシルという抗うつ剤もあります。
こちらはSSRIという部類になります。セロトニン系の神経に働くのが特徴となってます。
パニック障害の患者にも処方される薬で抗うつとしては、メジャーな薬になります。
このパキシルですが若い世代には向いてない薬と言われてます。未成年の方は服用しないよう注意しましょう。
比較的安全性の高い薬となりますが、副作用がないわけではないです。
逆効果を感じる人もいるとの報告があります。やはり、用法容量を守り、大量に服用するのは避けましょう。
心配な方は必ず医師や、専門家に相談するのが一番となります。
手軽に手に入る薬ですが、大事に付き合っていき、いずれかは服用しなくても済むようになるといいですね。
方法として、毎日の運動や、食生活などの改善などを心がけ、規則正しい生活を送りましょう。